Rafaël Rozendaal BOOK / “HOME ALONE”
5fb744e872eb4656c80bf8cc 5fb744e872eb4656c80bf8cc 5fb744e872eb4656c80bf8cc 5fb744e872eb4656c80bf8cc 5fb744e872eb4656c80bf8cc 5fb744e872eb4656c80bf8cc

2020/11/24 02:59 end

Rafaël Rozendaal BOOK / “HOME ALONE”

Last 1

308,000 JPY

About shipping cost

End of sale

* Middle 12/2020 〜 Late 12/2020 scheduled shipping.

残り:1 Left 支援者 / Backers:0 人 インターネット空間を表現の場として活動するオランダ出身のビジュアルアーティスト、ラファエル・ローゼンダール。VIRTUAL ART BOOK FAIRでもオンライン上で展覧会「Shadow Objects Sculpture Park」を開催しています。 本書は、現代アーティストの書籍をエディション作品として制作する「Three Star Books」より刊行されたローゼンダールの新刊です。 ローゼンダールはアトリエと自宅を兼用しています。彼はアーティスト生活のほとんどを「ハードディスクの中」で過ごしています。ローゼンダールが手がけるウェブサイトは世界中のサーバーにアップロードされ、何百万人ものインターネットユーザーが鑑賞しています。 Three Star Booksが運営するonestar pressと2003年にコラボレーションをして以来のコラボレーションとなった今回のプロジェクト。普段はインタラクティブなデジタル体験を提案するローゼンダールの作品を紙の本として出版することは挑戦的であり、刺激的な経験になることでしょう。 ローゼンダールはインスタグラム (https://www.instagram.com/newrafael) にアトリエ兼自宅のツアーどうがを載せており、その中でウェブサイト作品の起点となるシンプルでカラフルなベクター画像を紹介していました。動画を見たThree Star Booksはすぐにローゼンダールへ連絡し、このデジタルスケッチを紙とインクという素材に置き換えられないか一緒に考えました。 そして、ハード・エッジな抽象的な表現と、風景、建築、日常のオブジェクトなどの比喩的表現の狭間に存在するローゼンダールのコンピュータードローイングは、シルクスクリーンとの相性がぴったりでした。 ローゼンダールが送ってくれたデータは、見開き2ページの中に配置された図と無地の面ともに、コンピューターの画面を思い起こさせるような横長大きなフォーマットでレイアウトされていました。翌日ローゼンダールが送ってきた作品タイトルは「HOME ALONE」。ローゼンダールの芸術的な強みは、物事を流動的表現するということ。Three Star Booksのアトリエに届いた作品には軽やかさや形のない要素が存在しました。これを保とうと、印刷にはとても柔らかくて薄い紙を使用。テーブルの上に平らに置かない限り、本の操作がほとんど不可能になるような形で56ページの本作は製本されました。 抽象的なアイデアとそれが具現化されるまでの過程は、観るものに具体的な体験を与えるために、すべての作家が通らなければならない困難な作業です。ローゼンダールの場合は、この道を最小限に収めています。「HOME ALONE」の製本中、マーシャル・マクルーハンの「メディアはメッセージである」という言葉が常にThree Star Booksの頭にありました。 表紙と中面のページは同じ紙に印刷され、鮮やかな色の綿糸で製本されています。本は、ディスプレイ什器も兼ねたクラムシェル型の布張りのカスタムボックスに収納されています。ボックスの色の組み合わせはそれぞれ異なります。 なお、「HOME ALONE」の表紙と奥付に使われているフォントは、昔の漫画を参考にしたローゼンダールのデザインによるものです。 [ 仕様 ] 印刷:シルクスクリーンプリント サイズ:書籍 420 x 275 mm / 箱 440 x 305 x 23 mm ページ数:56 エディション:24 出版社:Three Star Books 刊行年:2020 協力:Takuro Someya Contemporary Art *リターンアイテムの発送は、2020年12月を予定しています。 *これらの商品の売上の全額、もしくは一部がVIRTUAL ART BOOK FAIRへのファンディングとしてあてられます。 [ プロフィール ] 1980年オランダ生まれのラファエル・ローゼンダールは、ニューヨークをベースにしつつも特有の作品やライフスタイルから、スタジオを持たずにオンラインで世界中のあらゆる場所で制作を続けており、ローゼンダールにとって物理的な作品こそバーチャルな存在であって、美術館やギャラリーでの展覧会はそれを観察する貴重な場とコメントしています。最近の主な展覧会として、『ディスクリート・オブジェクト』アップストリーム・ギャラリー(オランダ・アムステルダム)、『ダブル・プレッシャー』セントラル・ミュージアム(オランダ・ユトレヒト)、『ランダム・フィアー・フィズ・ミラーズ』クンストハル美術館(オランダ・ロッテルダム)、『ナーバス』ポストマスターズ・ギャラリー(イタリア・ローマ)、『ジェネロシティ』十和田市現代美術館(日本・十和田)、『フリーダム・オブ・ムーブメント』(アムステルダム市立美術館(オランダ・アムステルダム)、『ポートレート』スティーブ・ターナー(アメリカ・ロスアンゼルス)を含む。主なパブリックコレクションでは、アムステルダム市立美術館(オランダ・アムステルダム)、ミュージアム・オブ・ザ・イメージ MOTI(オランダ・ブレダ)、ホイットニー美術館(アメリカ・ニューヨーク)など。 https://www.newrafael.com/ Rafaël Rozendaal artist’s studio is his home and vice versa. Rozendaal lives most of his artist life within hard disks. After designing and programming on a computer the websites he is famous for — Rozendaal’s work is uploaded on distant servers and experienced by millions of internet viewers. When we met again — many years after the artist collaborated with onestar press in 2003 — we knew that the challenge to publish — what Rozendaal usually proposes to the viewer as an interactive digital experience — was going to be an inspiring one. Soon after RR posted a video tour of his studio/home on @newrafael and presented the simple colorful vector diagrams the artist is using as starting points for his websites, we asked Rozendaal to think with us on an adaptation of these digital sketches on paper with ink. Between hard-edge abstraction and representation of landscapes, architecture and usual objects, we determined that RR’s computer drawings would translate well with silkscreen. Quickly RR sent us a selection of files that we laid out in a large format with a landscape ratio — recalling those of the computer screen — with a selection of plain colors that would face the diagrams on the double page spreads. The very next day the artist sent us the title of his project: “HOME ALONE”. His ability to make things fluid embodies RR's artistic strength. Now, as the work was transferred to our studio and our our goal to preserve the ethereal and immaterial quality of these digital works, we suggested the artist print on a very soft paper with the minimum bulk possible to create a fifty-six page signature stitched together in a manner that would make the book’s manipulation almost impossible unless the volume is presented flat on a table. The path between an abstract idea and it’s materialization is a difficult task that every artist has to achieve in order to create a tangible experience for the viewer. In the case of RR this path is reduced to the minimum and the phrase: (coined by Marshall McLuhan) “The Medium Is The Message” seemed perfect and all along the production of “HOME ALONE” it never left us. The cover and the interior pages are printed on the same paper and bound with a color cotton thread. The book is housed in a hot stamped clamshell custom box (with unique combinations of colors) that also serves as a display device. Note that the font used on the cover and the colophon of “HOME ALONE” is designed by the artist adapted from an old cartoon. [ Spec ] Print: Silkscreen Print Size: Book 420 x 275 mm / Box 440 x 305 x 23 mm Page: 56pp Edition: 24 Publisher:Three Star Books Year:2020 Support:Takuro Someya Contemporary Art *Shipping for return items is planned to begin December 2020. *Part or All of the proceeds from sales of this product will go to the VIRTUAL ART BOOK FAIR. [ Profile ] Rafaël Rozendaal is a Dutch-Brazilian artist currently living in New York. Due to the distinct nature of his practice and lifestyle, he has continued to create works online in numerous places throughout the world without establishing a specific studio. Rozendaal comments that physical works in themselves are virtual presences, and how exhibitions at museums and galleries serve as valuable settings to observe this. Recent exhibitions include Discrete Objects (Upstream Gallery, Amsterdam), Double Pressure (Central Museum, Utrecht), Random Fear with Mirrors (Kunsthal, Rotterdam), Nervous (Postmasters Gallery, Rome), Generosity (Towada Art Center, Japan), Freedom of Movement (Stedelijk Museum, Amsterdam), and Portraits (Steve Turner, Los Angeles). Rozendaal’s works are included, among others, in the public collections of Stedelijk Museum (Amsterdam), Whitney Museum of American Art (New York), and Image MOTI (Breda). https://www.newrafael.com/