Experimental Jetset Folding Umbrella “Tokyo or not Tokyo”
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

Experimental Jetset Folding Umbrella “Tokyo or not Tokyo”

4,500 JPY

About shipping cost

* Middle 11/2021 〜 Early 12/2021 scheduled shipping.

「Tokyo or not Tokyo」とは、かの有名な台詞「To be or not to be?」(ウィリアム・シェークスピア『ハムレット』より。「生きるべきか死ぬべきか」「このままでいいのかいけないのか」など様々な解釈がある)を参照した言葉遊びです。しかし、このちょっとふざけた遊び心の裏には、いくつかの深刻な問いが含まれています。何が本物で、何が本物ではないのでしょうか? バーチャル空間でのブックフェアは、「本物の」ブックフェアと言えますか? 地理的な場所(例えば、東京など)と紐づけることはできるのでしょうか? それともそれは永久に漂う存在なのでしょうか? 私たちは再びフィジカルなブックフェアを訪れることができるでしょうか? そもそも東京を旅する日が訪れるのでしょうか? 「Tokyo or not Tokyo」というスローガンには、それらすべての問いを詰め込んでいます。(繰り返しを強調して用いることで、言葉の構成にリズミカルな混乱を引き起こしています。) ー Experimental Jetset [ 仕様 ] 折りたたみ傘  素材:ポリエステル サイズ:550 mm / 骨 8本 エディション:300 *画像はイメージになります。実際の商品は異なる場合がございます。 *発送は、2021年11月中旬〜12月上旬を予定しています。 [ プロフィール ] Experimental Jetsetは、アムステルダムを拠点とする小さな独立したグラフィックデザインスタジオで、1997年にマリカ・ストルク、アーウィン・ブリンカーズ、ダニー・ファン・デン・ダンゲンによって設立されました。印刷物とサイトスペシフィックなインスタレーションに焦点を当て、その方法論を「言語をオブジェクトに変える」と表現するExperimental Jetsetは、様々な機関のプロジェクトに取り組んできました。彼らの作品は「Graphic Design: Now in Production」(Walker Art Center、2011)や「Ecstatic Alphabets / Heaps of Language 」(MoMA、2012)などのグループ展で紹介されています。個展には「 Kelly 1:1 」(Casco Projects、ユトレヒト、2002)「Two or Three Things I Know About Provo」 (W139、アムステルダム、2011)「Word-Things in Time-Space」 (Riot、ヘント、2016)や「Superstructure」 (RMIT、 メルボルン、2018)などがあります。 https://www.experimentaljetset.nl/ “Tokyo or not Tokyo?” is obviously a wordplay, referring to the famous line “To be or not to be?” – but underneath the silly playfulness, there’s a more serious question being asked: What is real, and what isn’t real? Is a virtual book fair still a ‘real’ book fair? Can a virtual book fair still be bound to a geographical location (such as Tokyo), or is it forever floating? Will we ever be able again to visit physical book fairs? Will we ever be able again to travel to Tokyo in the first place? The slogan “Tokyo or not Tokyo?” encapsulates all these questions (while the emphasized use of repetition adds a rhythmic disruption to the composition). ー Experimental Jetset [ Spec ] Material: Polyester Size: 550 mm / 8K Edition: 300 *This image is for illustrative purposes only. Actual design may differ from the above image. *Shipping for this items is planned between the middle of November and the beginning of December 2021. [ Profile ] Experimental Jetset is a small, independent, Amsterdam-based graphic design studio, founded in 1997 by (and still consisting of) Marieke Stolk, Erwin Brinkers and Danny van den Dungen. Focusing on printed matter and site-specific installations, and describing their methodology as “turning language into objects”, Experimental Jetset have worked on projects for a wide variety of institutes. Their work has been featured in group exhibitions such as ‘Graphic Design: Now in Production’ (Walker Art Center, 2011) and ‘Ecstatic Alphabets / Heaps of Language’ (MoMA, 2012). Solo exhibitions include ‘Kelly 1:1’ (Casco Projects, Utrecht, 2002), ‘Two or Three Things I Know About Provo’ (W139, Amsterdam, 2011), ‘Word-Things in Time-Space’ (Riot, Ghent, 2016), and ’Superstructure’ (RMIT Melbourne, 2018). https://www.experimentaljetset.nl/